ミュージカル「テニスの王子様」(聖ルドルフ)のまとめ集

ミュージカル「テニスの王子様」(聖ルドルフ)のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・ミュージカル「テニスの王子様」(聖ルドルフ)のまとめ集

Twitter (#ミュージカル「テニスの王子様」(聖ルドルフ))

3時間前

@___jaf_laf

【交換】ミュージカル「テニスの王子様」 テニミュ テニス 缶バッジ 缶バ 四天宝寺 譲)謙也 求)白石 財前 または定価譲渡 各地方での手渡し希望。検索からでもお気軽にお問い合わせ下さい。

ミュージカル「テニスの王子様」(聖ルドルフ)のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

ミュージカル「テニスの王子様」(聖ルドルフ)について

『ミュージカル・テニスの王子様』(ミュージカル・テニスのおうじさま)は、週刊少年ジャンプ(集英社刊)にて連載された許斐剛による少年漫画『テニスの王子様』を舞台化したミュージカル。「男性のみのキャスト陣」「少年漫画の舞台化」「スポーツ物」との条件が揃った作品は過去類を見ず、当初は製作者側も手探り状態で作り上げた。製作者・出演者を含めてテニスのルールを知っていたのは初代大石役を務めた土屋のみであり、公演で使用したラケットは土屋の私物であった。また、人によっては近寄りがたさを感じる「演劇」という媒体であった上、「人気漫画作品の舞台化」と言うメディア展開は、当時としては一般的にはまだ馴染みの薄いものであった。 そのため、初演当初は原作・アニメファンの認知度や関心も低く、前売りチケットはほとんど売れず、初日は座席が3分の1しか埋まらなかった。しかし、口コミなどにより徐々に客足は増加、千秋楽では立ち見客が出るまでとなり、追加公演や原作を追う形でのシリーズ公演を重ねる人気ミュージカルとなった。

公式ホームページ

公式blog

公式twitter

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク